方言文法研究会 home活動メンバー | 出版物 | 関連サイト
全国方言文法辞典資料集(2) 活用体系
表紙
方言文法研究会編2014
全国方言文法辞典資料集(2)
活用体系
2009-2013年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)「日本語諸方言の文法を総合的に記述する『全国方言文法辞典』の作成とウェブ版の構築」(課題番号:21320086・研究代表者:日高水穂)研究成果報告書
《目次》  
はじめに  
概説  
活用体系の地理的変異と記述の枠組み 小西いずみ
中央語における動詞活用の歴史 小柳 智一
要地方言の活用体系記述  
凡例  
岩手県盛岡市方言 竹田 晃子
秋田県由利本荘市本荘方言 日高 水穂
山梨県甲府市方言 吉田 雅子
富山県富山市方言 小西いずみ
岐阜県岐阜市方言 山田 敏弘
滋賀県長浜市方言 酒井 雅史
京都府京都市方言 松丸 真大
大阪府方言 野間 純平
山口県東周防方言 舩木 礼子
福岡県福岡市方言 平塚 雄亮
沖縄県那覇市首里方言 仲原 穣
沖縄県宮古島市平良下里方言 中本 謙
資料  
要地方言の活用対照表 小西いずみ
もどる

Copyright (C) 2007 方言文法研究会. All right reserved.